赤ちゃん誕生のお祝い|出産祝いは相手のことを考えて贈ろう|ゆっくり選んでベストな選択

出産祝いは相手のことを考えて贈ろう|ゆっくり選んでベストな選択

赤ちゃん誕生のお祝い

赤ちゃん

出産の報告を聞いたら

出産祝いを贈る時のポイントはタイミングと品選びです。プレゼントを贈るタイミングは必ず、出産の報告を聞いてから、生後1か月くらいまでに贈ります。無事に生まれてきたことが分かったときに、初めてお祝いすることが大切です。出産祝いのプレゼントの定番はベビー服です。他の人からのプレゼントと重なっても問題がないですし、価格も手頃だからです。出産経験のない人や男性でもベビー服店に行って、出産祝いの品を選びたいと言えば、教えてくれます。サイズは50から70、もしくは70以上の服を選びます。小さいとすぐに着られなくなってしまうからです。ベビー服を数枚贈るよりはカーディガンなどの羽織りものとセットにする、帽子などの小物とセットにすると良いでしょう。

喜ばれる品選び

出産祝いのプレゼントは相手に喜ばれるものを選びます。1歳までに使うものを贈ります。大きくなってから出ないと使えないものは保管に困りますし、デザインも変わってしまうからです。おむつはたくさん使いますが、サイズがあわないと使えません。メーカーによって使い心地も異なるので、贈り物には適さないでしょう。粉ミルクも同様です。ベビー服のほかに贈って喜ばれる品物は、おもちゃ、絵本、体温計、離乳食の食器セットなどです。おもちゃは壊れやすいプラスチックのものより、木製のものが良いでしょう。積み木、ブロック、おままごとは長く遊べます。絵本は色のきれいなものを選びます。予算にも合わせやすく、郵送もしやすいのが特徴です。体温計は耳で履かれるタイプのものが測りやすいです。離乳食の食器は扱いやすいものを選びます。